2005年10月11日

チャーリーとチョコレート工場




『チャーリーとチョコレート工場』
、見ました。

とってもインパクトのある作品です。
内容は良くも悪くも、ザ・ジョニー・デップ・ショーという感じ。
ジョニー・デップが好きな人にとっては傑作かも。

私は好きではありませんでした。
見ていて主人公のチャーリーにも感情移入できないし(ネコババはよくないよ)
ウィリー・ウォンカも好きになれなかったし、
終始傍観者で「ふ〜ん。」というかんじ。

ウンパルンパなる濃い顔のデバラのおじさんたち(しかも全員同じ顔!)の大群の
盆踊りかパラパラみたいなダンスと歌も、どこが面白いのか理解に苦しむし
ストーリーはといえば単純単調。

なぜチャーリーが選ばれた少年になるのか?
この映画の中でのチャーリーの取り柄といえば、
おとなしくて人の言うことをよく聞くというだけ。
自我が強くて大人のいうことを聞かない子は、ひどい目にあうよという
オドシっぽい内容に感じました。
私の前の席のお子さんもそう感じたのか、恐いと言って泣いていました。

ファンタジーを理屈抜きで楽しむことができないくらい
私の頭がカタくなったということだろうかと、しばし考えさせられるうち
つぎからつぎへと起こる珍事に、
キツネならぬ、ウィリー・ウォンカにつままれた1時間55分。

よかったといえば、チョコレート工場はチョコレートが美味しそうで夢があったなぁ。
帰りにチョコレートが食べたくなったので
それなりの世界感はあったかも?で、星2つ★★☆☆☆


posted by ピリカ at 19:10| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「チャーリーとチョコレート工場」
Excerpt: 製作年度:2005年製作国・地域:アメリカ/イギリス上映時間:115分監督:ティム・バートン製作総指揮:マイケル・シーゲル[製作] 、ブルース・バーマン 、グレアム・バーク 、フェリシティ・ダール 、..
Weblog: ブログ-M's BLOG-M[エム]
Tracked: 2005-10-12 00:38

チャーリーとチョコレート工場
Excerpt: この映画の最大の魅力はカラフルでポップな独特の映像世界だと思います。 CGに頼りすぎず、できるだけセットで作りこんでいるという独特で摩訶不思議な映像の世界は素晴らしいです。 そして、工場の従業員である..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2005-10-16 11:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。