2005年10月03日

ファンタスティック・4

4.jpg


映画『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』を観て来ました。

天才科学者と相棒の男性、天才科学者のかつての恋人と
その弟でクビになったNASAのパイロットの4人が
宇宙ステーションで実験中に宇宙嵐の放射線を浴びたために
DNAが変化して、特殊能力を得て変化してしまう、というお話。


実写なので、CGがすごくて2時間楽しめました。
3人が真剣に悩んでいる中、1人陽気な弟くんがおかしい。

彼はパイロット室にガールフレンドを2人も連れ込んでクビになった人間らしく
スゲーとか言って自分の新しい能力をいろいろ使ってみて楽しみ、
「オレたち、ヒーローだぜ!」とかいってTVに出ちゃう。

スパイダーマンと、Mrインクレディブルを足して2で割った感じ。

でも、元の体に戻るために天才科学者くんが造った装置は
「ザ・フライ」のハエが入っちゃった転送装置そっくり!
それじゃあ見てる方は、どうしても成功しそうな気がしないじゃないか〜。
見た目だけでも幸先悪いぞ。

しかも、天才科学者役ヨアン・グリフィズって
「ザ・フライ」の主役ジェフ・ゴールドブラムに似てない?
そういうパロディなのかな?


とても面白いけど、人に勧めるほどの傑作ってわけでもなかったので
星3つ〜★★★☆☆
posted by ピリカ at 00:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7940572
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。