2006年07月19日

M:i:III

M:i:3公式サイトへ.jpg

言わずと知れた、ミッション・インポッシブルの
シリーズ第三作。


イーサン・ハントはスパイを引退して教官となり、
婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしていたが、
教え子である女性スパイ・リンジーが敵に捕らわれたため、
救出のために現役に復帰するが、救出作戦に失敗。

婚約者を人質に取られ、インポッシブルな救出作戦を
少数な仲間とともに決行するが、自らも敵の手に落ち絶体絶命!


ストーリー自体は凡庸な娯楽アクション大作でした。
大作です。
それなりに楽しめます。
橋の上のアクションシーンには舌を巻く。
ど〜やって撮影したんだろう〜〜! これはスゴイです。

ただ、ミッション・インポッシブルだけに
大金がかかってる大作だけに、もっと期待しちゃうのは人情と言うもの。

今回はストーリーが弱く、ひたすらアクション、アクション、アクション。
軽さの無い、007みたいになってます。

ミッション・インポシブルって、たしか
チームで頭脳とトリックを駆使して相手を出し抜く
コンゲーム的な面白さが持ち味じゃなかったっけ?

そういう爽快さを求めてはダメなのか。
ミッション・インポシブルは、トム・クルーズの私物になっちゃったのか?

なんだか結局、トム家の家庭のゴタゴタに2時間付き合わされた気分よ。



闇の武器商人オーウェン・デイヴィアン役、「カポーティ」で
アカデミー賞主演男優賞受賞のフィリップ・シーモア・ホフマンがコワ〜くていい。
やっぱ悪役が強くて恐くなきゃ、ヒーローが引きたたないもん。


あと、個人的に今回注目だったのがツェン役マギー・Q。
どうも中国系の役らしかったけど、この人って、
中国人といわれても、ヨーロッパ人といわれても、南米系といわれても
納得するような不思議な美貌を持っている。

view008.jpg

どこの国の人と言っても通用する顔って、本当にあるんだ〜と
驚きました。
実際は、ハワイ出身で父がアイルランド系のアメリカ人、母がベトナム人だだそうです。

17才から2、3年、日本でモデルをしていて
その後CMモデルとして香港で仕事をしたときジャッキー・チェンに誘われて
香港映画でアクション女優をしていたようです。
ハリウッドでは、本格デビュー第一作でこんな大作なんてすごいです。
(ジャッキー・チェンのラッシュアワー2にちょっと出ていたようですが)


日本でのモデル時代の写真がマギー・Qのオフィシャルサイトで見られます。
そういわれてみれば、見たこと有るような無いような…




posted by ピリカ at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。