2005年12月08日

Mr.&Mrs.スミス

322605view008.jpg

年末は大作映画がどんどん公開される、映画ファンにとっては忙しい月。
今日はMr.&Mrs.スミスを見てきました。

楽しみにしてたんです〜、これ。
ブラット・ピット大好きだし。ブラピと相手役のアンジェリーナ・ジョリーが
恋人同士だって噂でハリウッドはもちきりだったという話題性(宣伝目的?)。

腕はばつぐんらしいけど、どことなくおマヌケな感じの殺し屋のミスター・スミス。
殺し屋の腕も、美貌も文句なしで超〜負けず嫌いのミセス・スミス。
5・6年前ひと目ぼれで結婚した二人は、お互いに自分が殺し屋だということを
隠している。
そこへ偶然同じターゲットを狙う仕事をそれぞれの組織から依頼され
現場で鉢合わせして、相手の真実を知ってしまう。
組織の掟で、身元を知られた相手は48時間以内に殺さなくてはならない。
しかして二人はお互いの命を狙いあう関係に…


意外と期待したほどはカッ飛んでなかったんですよね〜
もっとスゴイのを期待してたんだけど。

はじめの30分はブラピがカッコいい〜〜!
アンジェリーナ・ジョリーがキレイ〜〜!
で楽しませていただきました。音楽も素敵。

その後は、眠くて劇場行ったので寝ないようにするのが大変だった。
だって似たようなシーンの連続なんだもん。
2時間ずっと銃撃シーンなんだけど、
はじめは一人のターゲットを二人ともが狙い、
次はお互いを殺そうとし合い、
最後には二人で協力して組織相手に銃を撃ちまくる。

撃ちっぱなしの銃弾のターゲットがどんどん変わるめまぐるしさを
観客が短い時間でちゃんと着いていけるようになってる脚本はえらい。
時間切れで二人が組織に追われる身になってからの、
銃撃しながらの掛け合い漫才みたいなギャグもおかしい。

二人が追われはじめてからの最後の30分は迫力もあって
コメディもあって、面白かったです。
中盤が中だるみなので、星三つ半。★★★☆

私としては「ブラピがかっこいい〜」のを見ただけで満足。
かつてロバート・レッドフォードが「名前でお客を呼べる最後のスター」と
言われていましたが、ブラピはその後をしっかり継いでると思います。


夫婦がお互いに隠してるけど実は殺し屋って設定を聞いて
ジャック・ニコルソン、キャスリーン・ターナーの「女と男の名誉」の
リメイクかと思ったら全然違う話だった。

posted by ピリカ at 22:33| ☀| Comment(2) | TrackBack(24) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。